ALBET i NOYA

by ALBET I NOYA family, PENEDES

ぺネデス・オーガニックを造るために
ゼロからスタートした、
開拓者魂が起こした挑戦

ロゴマーク.png

1903年、アルベ・イ・ノヤ一家がペネデス地方のカン・ヴァンドレル農園に移住。 ふとしたことから、1978年、4代目であるジョセップ・マリア・アルベットがぺネデスで最初となる、 オーガニック有機農法による葡萄ブドウ栽培をスタートさせた、先駆者であり、パイオニア。

ぺネデスを含むスペインのオーガニックワインのトップリーダーワイナリーとして知られ、オーガニック造りの講師も務める。

 

ヨーロッパで最初の賞「ベストオーガニックカンパニー」を 2009年と2011年にスペイン農業省より表彰されてるメーカー。

広大な85haもの自社農園の全ての葡萄は100%手で収穫される。 鉄分を多く含んだ赤土、チョーク層、化石層と白亜以前の石灰石土壌が際立つテロワール

アルベット・イ・ノヤは古代品種の発見、復刻にも力を注いでおり、 アルベット・イ・ノヤだけが所有する、ぺネデスの先祖の葡萄、古代品種ぺネデス土着の幻の 高級黒葡萄ベラトや白葡萄マリーナ・リオンを毎年樹を増植させている。

 

また、背が高く伸びていく、特別なマカベオ等、オンリーワンの葡萄栽培を手掛けている。 ぺネデスでは女王と称されるチャレッロも多様なテロワールで研究を重ね、更に偉大な葡萄へと 成長させてきた。

画像10.png
画像5.png
画像6.png

化石

チョーク

赤土

1903年開拓者としてゼロから始めた葡萄園、常にぺネデスの地に忠実で正直、 土壌や環境、テロワール、文化、人々をも大切に尊んできた。 その他、ビオデナミック農法を取り入れた、雑菌に強い土の改良や微生物の研究。

 

自然でケミカルの物質を必要としない、葡萄の自然の力の研究。 ぺネデスでは、オーガニック農法の講師でもあるアルベット・イ・ノヤは 研究開発の面でも一歩先を進んでいる。

 

CCPAEは、カタルーニャ有機農法性生産統制委員会が検査、承認するオーガニック認定。 EUオーガニックとして自動的にオーガニック認定の使用が認められている。

2456_mid_res.jpg
3_macabeus_02_mid_res.jpg

開拓者、冒険者であるアルベット・イ・ノヤに
火をつけた一人の
デンマーク人の言葉

Can Vendrell.jpg
Josep Maria Albet & Marti Albet_mid_res.jpg

1970年代、デンマークの会社がぺネデスの葡萄園で有機ワインを造りたいが どなたか造り手をお存じで無いでしょうか?と問い合わせを受けた。 ぺネデス中、聞いて回ったのだが、どこにもなかったそうだ。 当時は、誰も有機栽培について知る人は居なかった。

何の事だか全くチンプンカンプンで、断ったのはいいものの、ずっと脳裏から離れなかった。 開拓者であり、冒険者であるアルベット・イ・ノヤの血脈は有機栽培についての勉強と研究に 明け暮れる日々が続き、とうとう、1978年、4代目であるジョセップ・マリア・アルベットは、 有機オーガニック栽培の冒険へと大きく舵を取り全面的に有機に転換を開始。

 

こうしてアルベット・イ・ノヤは、ぺネデスで最初のオーガニックの作り手となった。 ゼロからスタートしたアルベット・イ・ノヤの開拓者魂が起こした挑戦は、見事に成功を遂げて行った。

あのデンマーク人の言葉が無かったなら、有機への転換は2番手も3番手だっただろう。 ぺネデスで押しも押されぬオーガニックのトップメーカー 冒険家、アルベット・イ・ノヤにより、この地から発信された技術は根付き、現在も発展を遂げている。

Albet_primavera_2021_13_low_res.jpg
 
ベルメホス2.jpg

WINE

アルベット・イ・ノヤ・エフェクテ・アンセストラル・ナチュラル・レゼルバ・ブリュット.png

Albet I Noya Efecte Ancestral Natural Reserva Brut

アルベット・イ・ノヤ・チャレッロ・クリオス仮.png

Albet I Noya
Xarello Curios

アルベット・イ・ノヤ・マリーナ・リオン.png

Albet I Noya
Marina Rion

アルベット・イ・ノヤ・トレス・マカベウス.png

Albet I Noya
3 Macabeus

アルベット・イ・ノヤ・ベラト.png

Albet I Noya
Belat