Chateau
Castagnac Raphael

色も味も無添加ワインの
醍醐味ボルドー。

サンテミリオンから西北10kmのフロンサック、ヴィルグージュに本拠地を構えるヴィニョーブル クーダーは1865年葡萄の植え付けから始まった歴史ある家族経営プチシャトー。

5世代目オーナーのベルナール クーダーはクレディ・アグリコール銀行ワイングループの管理者、および風味と戦う有害生物部門グループ(GDON)の社長も兼務し21世紀のフィロキセラと呼ばれるflavescence doréeの研究も遂行し2005年にフランス政府農業功労章を授与している。

5代目醸造家はリディア クーダー モダン派の女性醸造家。

6代目はラファエル クーダーはボルドーのクラシックな伝統を重んじる風習や慣わしに変革をもたらすニューウェイヴのモダン派。

2019年から全ての畑でHVE3環境重視型自然農法認定の承認を得ている。

 

より自然で、より良い葡萄からの100%葡萄ワインこそ、本物のワインと考えている。亜硫酸はもちろん、添加物はゼロ、発酵や熟成の際にも樽は一切使用しない。

 

だからラファエルの造るワインは葡萄の果実味が溢れている。

 
ベルメホス2.jpg

WINE

シャトー・カスタニャック・ラファエル.png

Don Jacobo Tempranillo
Blanco Ecologico