ジョナタン・ガルシア.jpg

ラウトサイダー

L'Outsider

伝統の「常識」に納まらない
超エレガントビオディナミ
革新のカベルネ・フラン100%

ローマ時代に建設されたドゥザン村にアリアス家が移住したのは1604年のことでした。今の畑は現当主であり、女性醸造家のクリステルさんの祖父母が植樹し、その際独立生産者となります。

 

その後2000年にテラヴィティスによる有機農法に転換、2014年に有機認証、2020年にデメターのビオディナミ認証を習得しました。

ラウトサイダーはそんな伝統ある土地であえて伝統を破ることでテロワールと品種の可能性を再発見を試みようとするキュベ。土壌は粘土石灰質で、低収量のカベルネ・フランを自然酵母で6日間の低温で発酵、ピジャージュを定期的に行う事でチャーミングな果実味を引き出します。

南仏でありながらシルキーな口当たりとフローラルなアロマがあり、また、ボルドーのカベルネ・フランに見られがちなハーベイシャスなニュアンスよりも、スパイシーさとベリー系の印象が特徴的で、酸味によるフィネスが見事に果実味と調和しています。

ラウトサイダー.png

生産者

ドメーヌ・サント・マリー・デ・クローズ

産地

I.G.P Pay d'Oc ※コルビエール地区

品種

カベルネ・フラン

内容量

750ml

アルコール度数

14.5%

トータルSO2量

32.24mg

小売希望価格

1,800円

WINE

ラウトサイダー.png

L'Outsider